須野テツの海外起業支援・コンサルティングメニュー
須野テツの海外起業支援・コンサルメニューです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須野テツの海外起業支援・コンサルティングメニュー
海外起業支援・コンサルティングのメニュー表です。
(それぞれのメニューの詳細はこのページの下部にあります)

----------------

■3ヶ月ファーストキャッシュ獲得プログラム

 3ヶ月間 : 348,000 
 (単位円、税込み、初回および2回目のセッション+必要時セッション、
  メール無制限、プログラム終了後のメールサポート期間9ヶ月 全て含む)

■2ヶ月ビジネスブラッシュアッププログラム

 2ヶ月間 : 288,000円
  (単位円、税込み、初回セッション+必要時セッション、
  メール無制限、プログラム終了後のメールサポート期間4ヶ月 全て含む)

■個別コンサルティング

 90分 : 19,600
  (単位円、税込み、スカイプ or 対面セッション1回、
   プログラム終了後のメールサポート期間1ヶ月 全て含む)

■メール相談会員

 1ヶ月 : 10,000 ( 3ヶ月より )
 (単位円、税込み)

----------------

※ご注意!
須野は海外起業のコンサルの依頼を受け付けており、ライフワークだとも思っていますが
ご存知のように、本業(中国でのマーケティングコンサル、その他)も多忙であり
起業支援コンサルを受けられる枠は限られています。
空きがあるかどうかは直接、メールで問い合わせてください。
将来、コンサル枠を拡大する予定はありますが、当分先の話です。
少なくとも、2014年内は拡大しません

(自分で海外の事業を成功させながら、起業支援も行うのがクオリティ維持のために
 重要だと思っています。ご理解いただける方だけ、ご相談ください)


■3ヶ月ファーストキャッシュ獲得プログラム

まだ自分の事業をもっていない、立ちあげたことのないあなたが対象。

3ヶ月であなたの事業を立ち上げ、最初の売上(ファーストキャッシュ)を
得るところまで徹底サポートします。

・事業アイデアの検討
・サービスメニュー作成、
・料金設定
・集客システム構築
・顧客維持システム構築、
・売上回収の方法
・売上拡大の方向性検討

まで、具体的な事業を立ち上げて、売上を得て、現金を回収するまでの
ひとサイクルを完結させ、さらに売上を拡大させる方法までを須野といっしょに考え、
実際につくりあげていくプログラムです。

※ご注意!
 須野が徹底サポートするとはいえ、実際にビジネスをつくりあげるのはあなたです。
 行動しない、言い訳が多い、人のせいにするなどの典型的な成功できないマインドの方は
 申し込まないでください。

★課題図書があります。
 マインドセット、集客・マーケティング、社会・経済理解、人間理解(心理学)についての
 課題図書を読んでいただきます。(5~10冊程度。あなた自身の状況によります)
 起業家としてビジネスの現場に立つのに必要な知識を、数冊で得られます。 
 須野が数百冊を読んできた中で、ビジネスパーソンなら誰でも必要と考える数冊を厳選していますので
 この課題図書リストを手に入れるだけでも数十万円の価値があります。

 課題図書はそれなりの短期で読んでいただきますので、勉強がキライ、読書ができない
 という方は申し込まないほうが無難です。
 (課題図書はご自身で書店、アマゾンなどで購入していただきます。手に入りやすい本ばかりです)
 
★プログラムの進め方

 ○スカイプまたは対面での初回セッションであなたのビジネスプランを伺います 
 (複数準備してください。それらがビジネス化できるかは分かりませんが、
  少なくともあなたの得意分野や志向を理解することにつながります)

  ↓
 
 ○課題図書を提示しますので、1~2週間で消化してください
  (いきなり全部読めとはいいません。現実的な量を提示します)
 
  ↓
 
 ○2回目セッション(スカイプまたは対面)
  図書を消化したうえで、ビジネスプランの検討を行います。
  ここで「どのビジネスをはじめるか」を決めてしまいます。
 
  ↓
 
 ○サービス内容・料金表決定、集客システム構築開始
 
  ↓
 
 ○集客システムの調整を須野のサポートのもと繰り返し、
  ファーストキャッシュ獲得まで繰り返す
  
  ↓
 
 ○ファーストキャッシュ獲得後、売上拡大の方向性を提示し、プログラム終了


自己流でビジネスを立ち上げようとして、まったく売上を得られずに
「やっぱり起業なんで無理だったんだ・・・」とあきらめてしまう人が多いです。
そんな人に限って、悪くないビジネスプランだったりします。
正しいサポートさえ得られていれば、サラリーマンとしての給料を
はるかに上回る収入が得られたかもしれないのに・・・
その損失を考えると、自己流にこだわり、しかるべき支援を専門家に求めなかったことの
代償は、はかり知れません。

そんな間違いは犯したくない!という人にご利用をお勧めします。

 3ヶ月間 : 348,000 

 (単位円、税込み、初回および2回目のセッション+必要時セッション、
  メール無制限、プログラム終了後のメールサポート期間9ヶ月 全て含む)


■2ヶ月ビジネスブラッシュアッププログラム

すでに自分のビジネスをもっていて、売上・利益をさらに拡大させたい!というあなたが対象

・副業としてビジネスしているけど、独立できるだけの売上に達する気がしない・・・
・独立してしまったけど、食べるのがやっと。時給を計算するとアルバイトのほうがまし・・・
・だいぶ売上ができてきたけど、なぜかあまり儲からない。利益が残っていない・・・

↑こんな方には最適のプログラムです。

あまりブログには書いていませんが、
須野はビジネス構造を見直して「もっと儲かる、もっと利益が出る」ビジネスに
することを得意としています。

本業では、日本企業の成功が非常に難しいとされる中国で、

・ゼロから3年でネットのみで年商1.5億円。
 しかも広告比率はたったの7%
・BtoBビジネスでたったの2年でゼロから100社のクライアント獲得
 しかも対面営業はほとんどせずに。
・化粧品会社のネット通販事業の売上を3ヶ月で2.8倍に。
 しかも全社での広告費は5分の1という逆境の中で。

↑このような実績をあげています。
あなたのビジネスの特性と、置かれたビジネス環境の分析から
お金や労力をなるべくかけずに、売上・利益を最大化するポイント
事業のセンターピン)を見つけ出し、そこを的確に突くことを得意としているからです。

自分が主役としてビジネス運営していると、
どうしてもビジネスに埋没してしまい、日々の業務を「こなす」のが
精一杯になってしまいます。
そんなとき、「外の人」からの視点はあなたのビジネスを客観視するのに
非常に役に立ちます。
しかもそれが「ビジネス変革の専門家」からの視点だとすれば、なおさらです。

 
 2ヶ月間 : 288,000円
 
  (単位円、税込み、初回セッション+必要時セッション、
  メール無制限、プログラム終了後のメールサポート期間4ヶ月 全て含む)


■個別コンサルティング
 
起業プランの相談、ビジネス発展・変革の相談、集客手段の相談など
単発の個別コンサルティングプランです。
 
 90分 : 19,600

  (単位円、税込み、スカイプ or 対面セッション1回、
   プログラム終了後のメールサポート期間1ヶ月 全て含む)

90分のセッションと1ヶ月間のメールサポートがついたお得なプランです。


■メール相談会員

迷ったときや悩んだとき、気軽にメールで専門家に相談したい!という方に。
起業プラン、ビジネスプラン、集客システムの改善、料金設定、利益構造、
営業手法、パートナー選定などの相談にメールでお答えします。


 1ヶ月 : 10,000 ( 3ヶ月より )
 
 (単位円、税込み)

----------------

冒頭に書いたように、須野は海外起業支援のクオリティ維持のために
本業(自分で運営している、中国マーケティング支援ビジネス)に忙殺されています。

よって、海外起業支援コンサルを受けられる数は限られています。
ご希望の方は空きがあるかどうかメールでお問い合わせください。

kaigaikigyou88■gmail.com ( ■ ⇒ @ )

「海外起業支援コンサルの件」というタイトルでメールをください。


須野テツ

スポンサーサイト
専門家になりました。
こんにちは、須野です。


日本出張していたのですが、先日、中国に戻りました。
日本にいる間、強く感じたことがあります。


それは、


いつの間にか、自分は中国専門家になってしまった


ということ。
自慢したいわけじゃありませんので、先を読んでくださいね ^^;



中国専門家になってしまったというより、
周囲が私を、専門家と見てくれるようになった
といったほうが正確でしょうか。



日本滞在中、いろいろな人に会いました。
はじめて会う人、以前からの知り合い。
アポとって会った人、セミナーで会った人、飲み会でたまたま知り合った人。


名刺交換して、ちょっと自己紹介すると、


へぇ~、すごい!今度改めてお話きかせてください!


という反応になるのです。





どういうことかと言うと、
私の中国やアジアでの経験や、ビジネスの話を、もっと聞きたい!
ということなのです。


それどころか、コラボしてビジネスの話に発展することもあります。
というか、多いです。

今回も、

・某大手ビジネス誌の新規事業担当の方

からいっしょにビジネスやりましょうよ、とか

・アジアのあるネット系サービスの第一人者

からこれまた共同事業のお話とか。


もう一度いいますが、決して自慢したいわけじゃないんですよ。
こういう立場になると、ビジネスがラクで、楽しくなってくるんですよ、
といいたいのです。


そして、あなたもこういう相手からビジネスの話を提案してくれる、
向こうから会いたいと言ってくれる人になれるんですよ、ということがいいたいのです。



では、なぜ私はこういう立場を手に入れたのでしょうか?


その答えは、ひとことで言うと希少性です。
珍しく、手に入りにくいのです。


考えてみてください。


5年も6年も前から中国に住んで、ゼロから現地で起業して
何度も現地のパートナーとうまくいかなくなってビジネス失敗を経験し、
そのたびに最初からやり直して次々と事業を立ち上げ。

大失敗も経験し、一時800万円くらいの借金をつくったが、完済。
現地での裁判も2回経験、入院も1回。
今は複数のビジネスを所有して年商は1億円越え、現地での人脈から
東南アジアにまでビジネス拡大を模索中。



こんな人、なかなかいないですよね?w

こういう経験と実績を、本当にもっている人って
なかなかいないので、どうしても「お話聞きたい!」ってことになるのです。

いつの間にか、中国ビジネス専門家と、周りが見てくれるように
なってしまったのです・・・。


さて、ちょっと考えてみてください。


起業の方法はいろいろありますが、
たとえば今流行っているネット系のビジネス。

アフィリエイトとか、せどりとか、ですね。
これらは、手軽に稼げるでしょうし、独立の第一歩としては
非常に優れていると思います。


でも、希少性は身につけられないんじゃないかと思います。


ずっと、そのビジネスをやってたら、
周囲がもろ手をあげて「お話聞かせてください!」って
言ってくれるようになるのか?


ならないのではないか?と思います。
特に、大企業とか、力のある人からは、ですね。


(それはそれでよいと思います。あくまで、文脈上のお話です。
 まったく否定をする気はありませんので、念のため)


では、どうすればよいか?


希少性を手にいれるには、人が目をつけないこととか、
めっちゃ難易度の高いことをしなければなりません。


その辺にあるけど、誰も気づいていないニーズに気づくとか、
金融取引のすごく高度な知識を身につける、とか。


でも、これってめちゃくちゃ難しいことですよね。
前者はセンスがないと無理だし、後者は超人的なアタマのよさが必要。




どっちも持っていない、私たち凡人はどうすればいいか?


その答えが海外起業だと思います。


中国なんて、全土に日本人が10万~20万人くらいいると
言われています。もちろん、世界一です。(海外にいる日本人の数)

でも、ほとんどが駐在員か留学生です。
駐在員は2~3年で帰りますし、留学生は何も残しません。


やっぱり、現地で自分でビジネスしたからこそ、得られる経験と知識なのです。
求められるのは。


これがほかのアジアの国、シンガポールとかインドネシア、マレーシアなどになると
もっと絶対数が少なくなります。
ここで、真剣にビジネスをすれば、数年であなたも●●専門家ですよ。


こうなったら、かなりラクにビジネスができます。

・あなたの現地の情報や経験を買いたいという人が現れるでしょう

・あなたの経験を本にしたい、とオファーがあるかも知れません

・あなたの現地でのビジネスと、コラボしたいという企業が現れるでしょう

・あなたの現地でのビジネスのお客さんになりたいと、先方から言ってくるでしょう

・あなたの現地のビジネスをそのまま買いたいとか、資本を入れたいという
 提案もありえるでしょう


これらはすべて、須野がすでに経験していることです。
けっして夢物語ではありませんよ。


須野のように、中国に移住したときに
知り合いすらひとりもいない状況でゼロからスタートしたとしても、
可能だったのですから、きっとあなたにもできるはずです。


いっしょに、そんな夢に向かってがんばりましょうね^^


P.S.
千里の道も一歩から・・・まずは小さな一歩を踏み出しましょう。
須野の『現実的な海外起業の3STEP』を読むところからはじめてください↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11473076748.html

P.P.S.
メルマガにも登録してくださいね。
更新情報をおとどけします↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html
移動日でした。
こんばんは。
須野です。


今日は移動日。中国にもどってきました。


もはや中国に「戻る」という感覚w
日本へは出張って感じですね。





夕方に空港につき、タクシーで帰って
すぐにジムにいきました。

1時間ほど走って、汗を流しました。


こうすると、移動の疲れも吹っ飛んでしまいます。

疲れたからと言って、横になったりすると逆に
疲れがとれにくいので、私は動くようにしています。


すぐリフレッシュできますよ!おすすめです。


こういう、自分の体調や気持ちを
よい状態に保つ工夫というのは、質のよい仕事を
するために大事なことだと思います。



ちなみに、稼いでいる人、よい仕事をしている人で
ジムに通ってない人を見たことがありません。

これ、ホントの話です。

ジムじゃなくても、外でランニングしたり、
定期的にカラダを動かす習慣をもっている人ばかり。


あなたも、海外起業や、自分のビジネスで成功したいと
考えているなら運動の習慣をつけてみるとよいと思います。



P.S.
無料レポートをつくりました。
『海外起業3STEP』欲しい人はこちら↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11473076748.html


P.P.S.
メルマガにも登録してくださいね。
更新情報をおとどけします↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html
ゆでガエルのお話。
こんばんは、須野です。


お知らせしていた海外起業プラン相談会ですが
あまりに告知が急だったため、参加できる方がいませんでしたw


「もっと早くお知らせしてください」という声も
いくつかいただいたので、今後はもっと早めに告知しますね。


ということで時間が空いてしまったので
軽く飲んでましたw    ゴキュゴキュ( ̄□ゞ プハァ



さて、ゆでガエルのお話は聞いたことありますか?


wikipediaにも載っている有名なお話です。
引用しましょう。


2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。
すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、
後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B9%E3%81%A7%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB


つまり、急激に変化ときはその危険性に気づきやすいが、
ゆっくりと変化していく状況には、なかなか気づかない
ということをあらわす比喩です。


気づかないだけならいいですが、カエルは死んでしまいます。
国や、人間なら取り返しのつかない状況になってしまう、ということでしょうか。


これ、そのまま日本にあてはまることだと思います。


今は株価も上がっていますし、日本持ち直したか?
という感じですが、これこそ一時的なものに過ぎないでしょう。


少子化がじわじわ効いてきています。
産業的にも、得意の家電や、(今はまだ好調ですが)自動車産業なども
ほかの国に市場を奪われてしまいかねません。


なにより、アジアのほかの国は急成長しています。
まわりの成長についていっていない部分があります。


この中で、あなたにはゆでガエルになってほしくないのです。


このブログを読んでいる時点で、その兆候には気づいてらっしゃるのだとは
思いますけどね。


それに気づいている人たちはいっぱいいて、その代表が
このブログでもよく紹介するアジアに進出する企業たちです。



日本がゆでガエルになろうとしている状況は、
自分の目でアジアの国を見てみればすぐわかると思います。

とにかく、活気と、変化がすごい。

上海なんかはもう、東京よりもすごいビル街ですしね。


インドネシアやマレーシアもすごいみたいです。
行ったことないんですが^^;


今年は中国以外にも何カ国か見ようと思っています。
5月にはフィリピンに行くことが決まっています。
チケットも取りました。


まず、ゆでガエルなのかも知れない、ということに気づくこと。
そして、ゆでガエルにならないためにはどうすればいいか、考えてみること。


ここからはじめてほしいと思います。


P.S.
無料レポートをつくりました。
『海外起業3STEP』欲しい人はこちら↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11473076748.html


P.P.S.
メルマガにも登録してくださいね。
更新情報をおとどけします↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html
宝塚歌劇団もアジア進出する時代。
こんばんは、須野です。


宝塚歌劇団が「海外輸出」にかじを切る。4月に予定する初の台湾公演を皮切りに、アジア進出を本格化する。女性を中心に根強い人気を誇り、来年には100周年を迎えるものの、不況や少子高齢化の影響で国内の観客動員数の伸びは頭打ち。男性を含む幅広い層のファンを海外で開拓したい考えだ。
http://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/fbi20130217010.html


宝塚も海外、しかもアジアに進出する時代です。


日本国内は少子化、不況でこれ以上ファンを増やせない。

だから海外に新たなマーケットを求める。
自然なことですよね。

中国の人口13億人というのはよく知られていますが、
インドネシア2.3億人、フィリピン1億人を筆頭に、
東南アジア全体で10億人ほどのマーケットとなるのです。


これらの巨大市場を狙って、
まずは親日的な台湾や、経済力の強いシンガポールから入っていく。
そこでノウハウをためながら、大きなアジアマーケットを攻略していく。


合理的な戦略だと思います。


すると、中国を含めたら20億人以上の
超巨大な市場で、それなりの地位を占められるかも知れないのです。


これはわくわくしますよね。


宝塚も、アジアに出る時代です。
これから多くの企業や、アート系、芸能系の会社も
アジア進出していくのでしょうね。


そのときに、あなたが現地のコンサルタントとしてお手伝いをする、
なんて考えたらステキじゃないですか?


※現地コンサルタントについては、
 『海外起業3STEP』にまとめたので見てください。
 http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11473076748.html


自分が興味のある企業や団体にくっついて、
現地に移住する、なんていうのも面白い考え方かも知れませんね。


P.S.
もちろん、「現地コンサルタント起業」のやり方についても
お話します。
海外起業プラン相談会、明日ですよ!↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11473718950.html


P.P.S.
メルマガにも登録してくださいね。
更新情報をおとどけします↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html


プロフィール

須野テツ

Author:須野テツ



ふつーのサラリーマンでしたが一念発起して海外移住、その後語学学校やマーケティングコンサル、弁当屋など20のビジネスを立ち上げ、現在は年商1億円を達成しています。


自分のビジネスは順調に成長させていますが、
いつしか人のビジネス立ち上げや立て直しの相談を
されるようになりました。


やってみたら、面白い!
自分のビジネスよりも真剣に考えてしまうことも
しばしばw

これはひょっとして天職?
などと思い、もっと多くの人の海外起業を支援することにしました。
このブログを通じて多くの方が海外起業に成功し、世界で活躍する楽しい仲間が増えていったら幸せですね。

よろしくお願いします^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。