須野テツの海外起業支援・コンサルティングメニュー
須野テツの海外起業支援・コンサルメニューです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外起業で、自由になる人生。
こんにちは!須野です。
今日は旧暦の大晦日。
中国は夕方から爆竹・花火で大盛り上がりになります。


今年は、その雰囲気を久しぶりに味わうために
上海で過ごすことにしました^^


楽しみです!


さて、旧正月に上海で過ごす。
さらっと書きましたが、こんなことが簡単にできるのも
海外起業を成功させたからです。


別に、静かに過ごしたかったら日本にいてもいいのです。


でも、今年はにぎやかにやりたかったので、上海にいます。


どちらでもいいけど、こっちを選択しました。
好きなほうを選択できる。これが「自由」のひとつの意味ですよね。


で、私は「自由」にはもうひとつの意味があると考えています。


A:日本で静かに過ごす
B:中国で旧正月を過ごす


ずっと日本でサラリーマンをしていたら、
「B:中国で旧正月を過ごす」という選択肢が存在することすら、
気づかなかったと思います。


中国の旧正月が、街中、花火にあふれて、
爆竹が鳴り響き、身の危険(!)を感じるくらいの
盛り上がりになる、ということすら、知らないまま、生きていたでしょう。


現に、あなたも、はじめて聞いた話ではないでしょうか?


私の文章を読んでも、あまり実感できないと思います
(これは私の表現力の問題・・・^苦笑)


「別に旧正月が盛り上がる、なんて知らなくても問題ないよ!」


と思いますよね。
ま、私もそう思います(笑)


でも、ひとつ人生の豊かさが増したのは、間違いないです。


そして。本当に言いたいことを言いますね。


あらゆることに、AとBの選択肢は存在するのです。


A:日本でずっとやってきたように、生きる。
B:日本でやってきたやり方ではなく、海外にヒントを得て、豊かに生きる


そして、AとBの選択肢があることを知ったうえで、どちらかを選択する。


これが、本当の意味での自由だと思うのです。


決して、「海外では●●だから、そうすべきだ!」と
主張したいわけではないので、勘違いしないでくださいね。

盲目的に海外、自分の好きな国のマネをするのは、
よいことだとは思いません。


日本にはよいところがたくさんありますので、
安易に日本のやり方を捨てずに、ほかの国のやり方のいいところを取り入れる。


こういうスタンスが、よいのではないか、と思っています。


話を戻します。
AとBの話ですね。


例をあげましょう。


A:日本は、いちどはじめたことは苦しくても儲からなくても、
 できるだけやり続けるのがよい。成功するまではやめるな!
B:中国では、はじめた商売がうまくいかなければ、パっとやめる。
 時間とお金をムダにせずに、次の商売のアイデアに使う


どうでしょう?
どっちがいいのでしょうね?


もちろん、ケースバイケースなので一概にどちら、とは言えませんよね。


想像してみてください。

あなたが今、心に温めているビジネスをはじめたとします。
ふつう、最初からスムーズには行きません。
3ヶ月たっても、半年たっても、利益が出ない。

貯金はどんどん減っていく・・・あと2ヶ月しかもたない。

2ヶ月の間に好転しなければ、一文無しになる。
コンビニのバイトでもして、再起を図るしか
なくなるかもしれない。


今見切りをつければ、ある程度の貯金がある状態で、
次の可能性を探れる。


その決断は、今しなければ手遅れになる・・・・


こんなとき、どっちが正しいのでしょう?


何度も言うように、ケースバイケースなので、一概には言えません。

でも、日本で、日本の価値観だけで育ってきた人であれば、
「貯金がなくなるまで、粘ってみるべきだ!」と
考える人が、多いのではないでしょうか。


なぜなら、それが日本で日本人として育ってきた、価値観だからです。


ちなみに、この話を商売っ気のある中国人に話したら、
こういう答えが返ってきました。



っていうか半年もガマンしちゃダメでしょ。
俺なら、長くても2ヶ月で利益出るようにならないとすぐやめるね!



ということでした^^;

これは、ビジネスの種類にもよるでしょうから、あくまで一例として
とらえてくださいね。
この中国人の友人には、「小さな屋台で日本風の軽食を売るとしたら?」
という想定で答えてもらいました。


こういうAとBの話は、ビジネスだけにとどまりません。
こういうのもあります。


A:日本では、女の子の子どもは、中学生くらいになるとお父さんを毛嫌いしはじめる
B:中国では、女の子の子どもは、小さいときから大きくなるまでずっと、お父さん大好き!


↑これ、本当の話です。
けっこう、衝撃的でした。


おそらく、育つ環境(学校の友達は、お父さんに対してどう考えているか?)と、
お母さんの教育によるところが大きいと思います。


日本で、日本人のお母さんに育てられると、Aパターンの女の子に
育つ可能性が大きいと思います。
中国で、中国人のお母さんに育てられると、Bパターンになる可能性が
大きいでしょう。


日本で、普通に日本人の女性と結婚して、女の子が生まれた友人は
「いつまでお父さん!ってなついてくれるんだろうなぁ~」と
言っていますが、

中国で中国人の奥さんをもった友人は、このことを知っているので
そういう心配はありません(笑)


周囲の中国人女性に聞いても、
日本的な「お父さんイヤ!」という感情はまったく理解できないようです。
20代~30代になっても(というかなるまでずっと)
お父さんは大好き。
臭くても、ダサくても、一緒に外を歩きたいし、友達に会わせてもぜんぜん
OKだといいます。


どうですか?けっこう衝撃的でしょう?笑


私もまだ独身なので、この事実を知ると、いろいろと
考えるところがあります 笑



もう一度、話を戻しましょう。


AとBという選択肢がある、ということを知った上で、どちらか、
自分に合うほうを選択する。


これができるのが、本当の自由だと思うわけです。


私はたまたま中国とかかわりが深いので、
中国的なBを知る機会がおおいです。

でも、世界にはもっと多様なBの選択肢があり、あなたはそれを知って
自由にどちらかを選択できるのです。


ただ、Bを知るには、それなりにその国の社会に深く入ることが必要です。
言葉もそこそこできないといけないでしょうし、何より、
友人やパートナーを多くもたないといけません。


ネットで調べたり、本など、書かれたものを読んでいるだけでは、
知りえないことのほうが多いのです。

一定期間、住んでみることも必要でしょう。


旅行や留学もよいのですが、それだとあなたは「お客様」になってしまいます。
人は、お客様には愛想は使いますが、本音はいいませんよね。

その国の文化や、人びとの考えていることを深く知るには、
やはり、同じ目標に向かって協力する、という関係をつくることが必要です。


それには、ビジネスがいちばんだと思うわけです。


現に、上に書いたようなことは、
ほとんどが私のビジネスパートナーや、手伝ってくれているスタッフから
聞いたことです。


海外起業をすることで、あなたは日本では知りえなかった「選択肢 B」
を知り、AとBのどちらかを選ぶ自由を、手に入れるのです。


どうですか?
あなたも、あなたしか知らない選択肢 Bを、知ってみたいと思いませんか?


P.S.
ブログの更新情報をおとどけします。
メルマガに登録してください↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html


P.P.S.
日程が迫ってきました。
海外起業プラン相談会の詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11462675203.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kaigaigai.blog.fc2.com/tb.php/21-8d6bb070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

須野テツ

Author:須野テツ



ふつーのサラリーマンでしたが一念発起して海外移住、その後語学学校やマーケティングコンサル、弁当屋など20のビジネスを立ち上げ、現在は年商1億円を達成しています。


自分のビジネスは順調に成長させていますが、
いつしか人のビジネス立ち上げや立て直しの相談を
されるようになりました。


やってみたら、面白い!
自分のビジネスよりも真剣に考えてしまうことも
しばしばw

これはひょっとして天職?
などと思い、もっと多くの人の海外起業を支援することにしました。
このブログを通じて多くの方が海外起業に成功し、世界で活躍する楽しい仲間が増えていったら幸せですね。

よろしくお願いします^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。