須野テツの海外起業支援・コンサルティングメニュー
須野テツの海外起業支援・コンサルメニューです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師の稼ぎ方。須野の解答を紹介~
こんにちは、須野です。


日本語教師がもっと稼ぐには?

のお題にもうひとつ解答をもらったので紹介!


詳しいお題はおとといの記事を見てくださいね。

ひとつ目の解答例はこちら



さて、今日ご紹介する解答は・・・



 「ファッションやメイクが得意な人だから
  日本風のメイクを教えながら日本語も教えます!
  みたいなのはダメですかね。。」



という解答でした!
Sさん、ありがとうございます!


そうですね、ただ日本語を教えるだけじゃなくて
いっしょにファッションやメイクも教える、というのは
よいかも知れませんね。


日本語教師だけだと競争が激しくなりますが、
ほかのことも一緒に教えるとなると
できる人が減ってくるので、価値が高まる可能性はあります。


非常によいですね!


さて、須野の解答です。


Sさんに近いのですが、
誰に?という部分を掘り下げると、キレイな答えが出てきました。


それは・・・



日本人向けクラブやキャバクラのお姉さんたちに
日本語を教えつつ、日本人男性が好きなメイクやファッションも教える!



というアドバイス。


誰に?
という部分が絞られているのでレッスン内容を深められやすいですし、
得意なメイク・ファッションの知識が役に立ちます。

日本人が好きなメイク・ファッションを身に着ければ、
キャバ嬢たちも商売がうまくいき、一石二鳥。
単価も上げられるかも。

さらに、夜遊びが好きな方なので
その方面の知識も役に立つというw


なかなかキレイなアドバイスになったと思います。


さらに、中国のキャバ嬢たちは日本の化粧品などにも興味があるので、
この日本語教師さんを通じて化粧品を買ってくれたりするかも。

そうなると、物販もできるわけです。


教育・コンサル業から物販・流通に発展させる、
というのは、稼ぎを拡大するための王道です。
これはのちのち詳しく説明すると思いますが、
覚えておいてくださいね。


日本語教師:安定した顧客基盤を得て、単価も上がる
キャバ嬢 :日本語だけでなく、彼女たちの顧客である日本人男性も喜ばせられる
日本人男性:キャバ嬢が日本語うまくなり、メイク・ファッションも日本風になり、嬉しい

と「三法よし」なわけですw


あとは顧客獲得ですが、
これは私の得意なところ。

ま、彼女も上海が長いので、ある程度のアテはあるようです。
そこから少しずつ増やしていけばいいでしょう。


ざっと計算すると、1年目で数百万円のインパクトがある提案でした。


P.S.
こんな感じであなたの海外起業の相談にのります。
海外起業プラン相談会の詳細はこちら↓

日程迫っています!↓↓↓
http://ameblo.jp/kaigaikigyou8888/entry-11462675203.html


P.P.S.
ブログの更新情報をおとどけします。
メルマガに登録してください↓
http://www.mag2.com/m/0001594575.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kaigaigai.blog.fc2.com/tb.php/25-f5aba05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

須野テツ

Author:須野テツ



ふつーのサラリーマンでしたが一念発起して海外移住、その後語学学校やマーケティングコンサル、弁当屋など20のビジネスを立ち上げ、現在は年商1億円を達成しています。


自分のビジネスは順調に成長させていますが、
いつしか人のビジネス立ち上げや立て直しの相談を
されるようになりました。


やってみたら、面白い!
自分のビジネスよりも真剣に考えてしまうことも
しばしばw

これはひょっとして天職?
などと思い、もっと多くの人の海外起業を支援することにしました。
このブログを通じて多くの方が海外起業に成功し、世界で活躍する楽しい仲間が増えていったら幸せですね。

よろしくお願いします^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。